大阪・肛門科・肛門外科・痔ろう・内痔核・痔・いぼ痔・手術・日帰り手術・専門医・指導医

logo
はじめての方へnav02ごあいさつwomeninformationアクセスよくあるご質問
women-img-contact02

〒542-0081
大阪市中央区南船場1-1-3
クボクリニックビル

btn01btn01

日本大腸肛門病学会の指導医認定専門医である院長があなたの健康をフォロー。

院長ごあいさつ

当院が開院して16年が過ぎました。この間、関西地域を中心に北海道から沖縄、あるいは海外からも、本当にたくさんの患者様に来院していただきました。手術の件数は12,000例を超えました。最近、 肛門科領域の手術はかなり変わってきました。それまでは一週間程度の入院が当たり前で術後の痛みも強く、さらに術後の機能障害も少なからずあるとされてき ました。ところが現在では、切除の手術や痔ろうでも、ほとんどすべての手術が普通に日帰りで、術後の痛みもほとんどなく、術後機能障害など最近経験したこ とがありません。さらにALTA(ジオン)注射の登場で、痔の手術はさらに安全で、楽に受けて頂けるようになりました。
しかし一方で少し心配なこ ともあります。「近くの病院でジオン注射をしたが効果が十分でない、どうなってるか診てほしい。」と来院される患者様が少しずつ増えているのです。ジオン注射は適応を正しくすれば非常に有効な手術法です。術前に患者様とよく相談して手術法を決めていく重要性を再認識しています。

患者様からは、予約が取れない、手術までの待ち期間が長いとお叱りをいただいています。一方で待っただけの事はあったとのお言葉もたくさんいただいています。もうしばらく現在のほぼ完全予約診療で行こうと思っています。なにとぞご理解ご協力のほどをお願いいたします。

二天会の方針

1 手術技術、診療技術に関して常に研鑽を続け、最新の知識を吸収し、最大限患者様に還元します。
2 院内の清潔にさらに配慮し、患者様に気持ちよく診察を受けていただけるよう努力を続けます。
3 限られたスペースですが、プライバシーに対する配慮をさらに徹底します。
4 診療情報はすべて公開します。
message-img-01

肛門疾患や便通異常、消化器疾患で受診を悩んでいる方、どうぞ安心して一度診察にお越しください。必ず解決法が見つけられると思います。

院長プロフィール

院長 久保 隆一

生年月日 1956年6月12日

【経歴】

S59年 近畿大学医学部 卒業
H2年 近畿大学大学院 修了
H4年 近畿大学医学部 第1外科助手
H7年 近畿大学医学部 第1外科講師
H9年 久保クリニック 開院

医学博士
外科専門医
日本大腸肛門病学会指導医・大腸肛門病専門医
日本消化器外科学会認定 消化器外科専門医
日本消化器内視鏡学会認定 消化器内視鏡専門医

message-img-02
tel
gotop

HOME      はじめての方へ      ごあいさつ      よくあるご質問      診療のご案内      女性の方へ      アクセス

Copyright (C) Kubo Clinic ALL RIGHTS RESERVED.